葉酸サプリ 妊娠 妊活 おススメ

葉酸と妊娠の関係性

葉酸は妊娠中に効果的な栄養素なの?

 

妊娠中に効果的な栄養素として葉酸が挙げられ、
 
ビタミンMやプテロイルグルタミン酸とも呼ばれています。
 
 
 
厚生労働省では
 
妊娠初期に400μgの葉酸の摂取を推奨しており、
 
それは以下のような理由があるからです!
 
・脳や脊髄が正しく成長できなくなる胎児の神経管閉鎖障害のリスクを低減する
 
・胎児の細胞の成長や発育に欠かせない栄養素

 
・脳に欠損や収縮が見られる無脳症による流産や死産のリスクを軽減する
 
・血球を新生する造血作用を持ち合わせているので貧血を予防できる
 
・免疫機能や消化管機能を健やかな状態で保って健康体を維持する
 
上記のように、
 
葉酸は様々な効果を持ち合わせており、
 
サプリメントでの摂取が厚生労働省から推奨されている理由は
 
お分かり頂けるかなと思います。
 
特に、

 
胎児の神経管閉鎖障害のリスクを低減できるのが最も大きな効果で、
 
アメリカの疾病管理センターでも
 
1日に400μg以上の摂取を女性に対して勧告しているんです。
 
葉酸不足によって先天性異常を引き起こしやすくなるのもあるので
 
妊娠中の女性には特に欠かせない存在となっています!
 
 
しかし、
 
ただ葉酸を体内に取り入れていれば良いわけではなく、
 

吸収率が高い合成葉酸(モノグルタミン酸型)でなければ
 
効率良く摂取できないんです。。。
 
当サイトでご紹介しているベルタ葉酸サプリには、
 
この合成葉酸が400μg配合されているんです!
 
 
私はもちろん、
 
私の周りを見ても
 
妊娠中の方
 
子供が生まれた後も継続して飲んでいる方はたくさんいます。

 
生まれてくる子供のためにも
 
合成葉酸を効果的に摂取できるサプリをおススメします!
 
 
                                           

 

妊娠中にいつから葉酸を摂取すれば良いの?

 

妊娠中に葉酸が大事な栄養素だと分かっていても、
 
「一体いつから摂取すれば良いの?」
 
 
 
という疑問を抱えている女性は多いかもしれません。
 
「妊娠してから○ヵ月後では遅い」
 
と明確に決められているわけではありませんが、
 
妊活をしようと決めた時から飲み始めるのが良いと言われています。
 
 

葉酸の摂取で一番必要なのは妊娠前から妊娠3ヵ月後で、
 
細胞分裂効果による成長サポートによって
 
先天性異常のリスクを軽減できるからです。
 
妊活中にいつ妊娠が発覚するのか分からないですし、
 
そもそも葉酸は女性に不足がちな栄養素の一つなので
 
早めに飲み始めた方が良いです。
 
 
もちろん、
 
妊娠前だけではなく妊娠中期〜後期にかけても欠かせない栄養素なので、

 
この時期もお腹の中で胎児はスクスクと発育しています。
 
ビタミンB12や葉酸不足で致死性のある悪性貧血が引き起こされやすく、
 
妊娠中毒症から身体を守る作用もあるので、
 
「○ヵ月後まで」と決めるのではなく
 
継続して葉酸の摂取を心掛けてください!
 
 
お腹の中にいるお子さんも大事ですが、
 
お母さんの身体が健康が第一です!
 

元気なお子さんに出会えるよう葉酸の摂取は積極的に行いましょう!
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加