高齢出産には葉酸が必要なの?

高齢出産には葉酸が必要なの?

 
高齢出産は
40代や50代で妊娠して出産すること
だと考えている方はいますが、
WHO(世界保健機構)や日本産婦人科学会では
35歳以降の出産だと定義されているんです!
 
晩婚化によって高齢出産は現在では決して珍しくないものの
妊娠力が下がって若い頃と比べて妊娠しにくくなったり
ダウン症といった染色体異常が引き起こされやすいんです!
 
 
 
以下のように
年齢を重ねることでダウン症児が生まれる確率が高まること
が分かっています。

 
25歳:1/1,350
 
30歳:1/952
 
35歳:1/400
 
40歳:1/106
 
45歳:1/30
 
高齢出産によって卵子が老化するのが大きな原因で
出生前に絨毛採取羊水検査で確かめることができます。
 
別の記事でご紹介した通り
高齢出産はリスクを伴います。

高齢出産を考えているのならば
染色体異常のリスクを少しでも減らす必要があります。
 
そこで
このブログで葉酸の必要性を訴えています!
 
葉酸を定期的に取り入れることにより
子宮内膜を強化して卵子への着床がしやすくなる
子宮自体の健康維持に繋がる
先天異常の発症リスクを下げられる
という効果があります。
 
赤ちゃんの身体ができてくる際の細胞分裂で欠かせないのが葉酸
この栄養素が足りていなければ
赤ちゃんの身体に異変が起こってしまうんです。
 

ダウン症以外にも
神経管閉鎖障害のリスクが高まるため
高齢出産を考えている女性は
特に意識して葉酸を摂取しなければなりません。
 
毎日の食生活が乱れていると効率良く葉酸を取り入れることができないので
当サイトでご紹介している
ベルタ葉酸サプリで葉酸摂取してみてはいかがでしょうか?
 
 
                               

 

 

高齢出産への対策について

 
高齢出産を考えているのならば
安全に赤ちゃんを生んだり
先天異常のリスクを下げたりするために
さまざまな対策を練らなければなりません。
 
上記でお話しした葉酸の摂取は
効果的な対策方法の一つですが
ただサプリメントを飲んでいれば良いという単純な話ではないんです。
 
葉酸サプリの摂取に加えて
普段の健康管理に気を配ることが大事です。
 
そこで
 以下のような対策を練ってみましょう。
 

・病気を早期発見するために乳がん検診や
  子宮頸がん検診を産婦人科で受ける
 
・妊活中や妊娠中に栄養素のバランスに着目した食生活を心掛ける
 
・卵子の質を少しでも上げるために適正な体重管理を行う
 
・高血圧や糖尿病のリスクを防ぐために
  塩分やカロリーを抑えた食事を心掛ける
 
・ホルモンバランスの乱れを予防するためにストレスを上手く発散させる
 
 
20代の出産でも高齢出産でも
新しい命を授かるのは素晴らしいことです。
 

高齢出産でも
毎日の体調管理に気を配っていればリスクばかりではありませんし
成功者が多いのも事実なので
生まれてくるお子さんのためにも
普段の生活を見直すことから始めてください!
 
 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加